親も子も一度立ち止まって、これまでの自分たちのあり方を見つめ直す時間が「今」与えられている。そしてその先には精神的成長や無理のない自分らしいあり方があると考えています。
 不登校という問題を通して親も子も成長し、成長することにより問題(不登校)が解決していく、という視点に立てば、それは成長の節目だとも言えます。

 私たちは不登校を直接治そうとはしません。
 子ども達がいつ学校に戻っても大丈夫なように勉強を教えることや、高校に行ける学力をつけることがその役目だと思っています。そして、そのことにより親御様に安心感を得ていただくことが大切だと思っています。

 子ども達には学力と自信を、親御様には安心感を。
 それが家庭内の心理的環境を良好にし、ひいては「成長による解決」を助けると考えています。
家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡家庭教師,家庭教師システム学院,家庭教師派遣,加古川,家庭教師,家庭教師加古川,加古川家庭教師、東播地区,高砂,加古郡

子どもが不登校になると、親は『早く学校に行かせないと』と、あせりがちですが、そうすると親子の間に葛藤が生まれ、精神的にしんどい思いをしている子どもを更に追いつめてしまう結果に。
まずは「あせらず待つ」ことが大切です。
不登校の生徒、ご家庭と長年関わってきた学習カウンセラーが、親の不安や悩みをお聴きします。
「話すこと」は「(ストレスを)放すこと」であり、親の気持ちが軽くなって明るくなれば、子どもにもいい影響をあたえます。





代表 長谷川 満 プロフィール
1961年京都生まれ。
1987年兵庫県加古川市に家庭教師システム学院を設立。

約30年間、学習カウンセラーとして多くの家庭教師を指導すると共に、自らも家庭教師として様々な子どもの指導にあたる。
学力向上だけでなく、不登校、非行の生徒も数多く指導。
それらの経験をふまえ、読売ファミリーニュース播磨版にて
「親学講座」を連載中。
現在、当学院の経営や生徒指導のかたわら、各地で講演活動を行う。
神戸新聞社運営マイベストプロ神戸で「子どもの自信とやる気を引き出す教育のプロ」に認定されました!





 Copyright (c) 2009 kateikyoushi-system-gakuin. All rights reserved.  Information on this site is for Japanese domestic market only